距離や資源の制約を越えて、よりよい医療環境を実現する

離れた場所でも安心して継続した医療や支援を受けることができる、
ケアに関わる様々な人々が情報共有できる、
緊急時に適切な知見を得ることができるなど、
求められる医療環境の実現を、リアルタイムの映像コラボレーションにより支援します。
より充実した双方向のコミュニケーションを提供することで、
医療従事者の業務の効率化や、距離や資源の制約を越えて、
緊急性や専門性の高い医療の提供を実現します。

ライブ映像で医療の現場を変える

ライブ映像で現場をつなぐことで、より迅速・正確に患者の状況を把握することができ、
離れた場所でも早期治療、よりよいケアが可能になります。

ライブコミュニケーションが医療にもたらすメリット

医療の質の向上

医療の質の向上

専門医によるライブ診断支援により、迅速かつ的確なケアの提供が可能になり、早期回復、死亡率の低下につながります。

地域連携の促進

地域連携の促進

医療・介護従事者間の情報共有や業務連携により、地域医療連携を促進し、在宅やへき地を含め適切な医療の提供と患者の利便性を両立します。

医療の働き方改革

医療の働き方改革

情報・リソースの連携により、業務の効率化、時間やコストの最適化をし、医療・介護従事者の過剰業務の解消、相互教育・人材育成の機会を提供します。

Vidyoが選ばれる理由

品質・安定性

長年の経験と
高い技術力による
最も基本的な要素

セキュリティ

データをサーバに残さない、
米国の医療機関・
サービスへの採用

ユーザビリティ

検査・医療情報の共有、
院外からの接続など
簡単な操作ですぐに業務を開始

導入でこのようなことが実現できます

医療従事者間の連携

  • -院内や分院、提携病院間での定例カンファレンスや症例研究会の開催

  • -看護師やケアマネージャー、ソーシャルワーカー等、地域医療連携における医療・介護従事者の情報共有、効率的な連携を促進

専門医による診療支援

  • -専門医による院外・遠隔からのモバイルコンサルティングを提供

  • -医療機器・検査機器等のライブ映像のリアルタイム共有による業務支援

  • -電子カルテやPACSを共有しての診療サポート

緊急・急性期の対応

  • -入院患者の療養状況の確認、治療経過や容体変化の常時モニタリング

  • -救急搬送での患者の状況共有による救命士支援、迅速な受け入れ準備

遠隔診療、健康サービスの提供

  • -在宅診療における定期的な状態確認、退院後の予後管理、予防的ケア

  • -ウェアラブルデバイスなどとの連携による新たな健康サービスやアプリの開発、サービス提供を可能に

  • -遠隔での死亡診断の際の、患者家族と医師、看護師との連携

5000万人以上の患者のケアを支えています

Philips

九州大学

mayoclinic

UPMC

Kaiser-Permanente

九州大学

九州大学

グローバルに繋がることで活発な議論と情報交換を実現

シャッターヘルス

シャッターヘルス

(Sutter Health)

100の連携病院を繋ぎ、専門的な早期治療を実現する

アラスカ・ネイティブ・トライバル・コンソーシアム

アラスカ・ネイティブ・トライバル・コンソーシアム

(ANTHC)

アラスカ州全体にライブ診察機能を追加