経営陣

Michael Patsalos-Fox

マイケル・パツァロス-フォックス

President, CEO, Board Member

マイケル・パツァロス-フォックスは、VidyoのCEO 兼会長、兼社長です。マイケルは、信頼できるサイバーセキュリティと専門のリスク管理会社であるStroz Friedbergの元CEOでした。Stroz Friedbergは2016年にAon Risk Solutionsによって買収されました。それ以前はマッキンゼー・アンド・ カンパニーで長年のキャリアを持ち、マッキンゼーアメリカの会長を務めました。また、マッキンゼーの運営委員会でシニアパートナーを9年間、取締役を12年間、務めています。 現在、VidyoのCEO、会長兼社長に加え、Cognizant,、Quid、CloudPayなど、いくつかの企業の取締役を務めています。マイケルは、オーストラリアのシドニー大学にてコンピューターサイエンスと純粋数学の学士号を取得し、富士通・オーストラリア・リミテッドでキャリアを開始しました。また、スイスのローザンヌにある国際経営開発研究所(International Institute of Management Development)でMBAを取得しています。

 Alex Eleftheriadis

アレックス・エレフトヒリアディス

Chief Scientist & Co-Founder

アレックスはVidyo の技術構想においては今後の方向性を示し、また Vidyo を代表して様々な標準化委員会や技術諮問委員会に参加しています。アレックスはこれまで様々な受賞経験があり、動画圧縮と通信分野における 23 年以上の経験をもとに、Vidyoの成長に貢献しています。Vidyo 入社前は、コロンビア大学電気工学科の准教授でした。100 件以上の出版物があり、61件の特許を保有しています。その中には、Blu-ray Disc、H.264/AVC、ATSC デジタル テレビジョン システムで採用されている特許もあります。また、MPEG-4 システム仕様の編集者と、H.264 SVC 適合仕様および IETF (インターネット技術タスクフォース) による SVC の RTP ペイロード仕様の共同編集者も行っています。さらには、IMTC および UCI フォーラム委員会委員であり、IMTC SVC 活動グループおよび UCI フォーラム SVC 技術ワーキング グループの共同議長としても活躍しています。

KennethYoung

ケネス・ヤング

Chief Financial Officer

ケネス・ヤングはVidyoのCFOです。ケネスはエンタープライズソフトウェアビジネスモデルをSaaS(Software as a Service)に移行する際に必要とされる財務的な変革を含む、財務、ビジネスプロセス計画、および管理業務に関する豊富な経験を持っています。また、財務計画の策定、民間企業でのプログラムと資金調達、いくつかの戦略的買収を含む成長段階での財務組織の導出、および公的市場に参入するための財務計画と会計管理から、資産管理まで幅広い経験と実績を持っています。
ケネスは、国際会計および経営コンサルティング会社のグラントソントン・インターナショナル(Grant Thornton International Ltd)に勤務した後、米国最大の相互保険会社Health Care Service Corporation (HCSC)の子会社であるMedecisionでCFOを務め、コストカットと同時にケアの質を高めた実績と経験があります。
ケネスはVidyoのプラットフォームやサービスは、ヘルスケアだけでなく・金融サービス・自治体・企業のみならず、個人間のコミュニケーションまでも変革するものだと考えており、今後の方針として、顧客やパートナーとの取引をシームレスに行うため、質の高い体験やコミュニケーションを提供することを念頭に置きながら、財務管理とプロセスのバランスをとっていくことが重要だと考えています。
また、ケネスは会計士の資格があり、ヴィラノヴァ大学で会計学を学びました。NCCAの「世紀の試合」について語るのが好きなようです。

Elana Anderson

エラナ・アンダーソン

Chief Marketing Officer

エラナ・アンダーソンは、2017年3月にVidyoに入社し、同社のグローバルマーケティング活動のすべてを担っています。エラナはマーケティングエグゼクティブ・アナリスト・コンサルタントとしてマーケティングの分野で25年以上の経験があります。
エラナは、2016年7月にセールスフォース・ドットコム(Salesforce.com)によって買収された、デマンドウェア(Demandware, Inc.)のエグゼクティブ・チーム・メンバーおよびシニア・バイス・プレジデント (SVP) です。デマンドウェア以前は、IBMのエンタープライズ・マーケティング管理ソフトウェア・グループの戦略および製品管理担当副社長を務めていました。IBMに入社する以前にはユニカ・コーポレーション(Unica Corporation)に在籍し、ユニカの買収の際にiBMの製品担当副社長に就任しました。
ユニカに入社する前は、フォレスターリサーチ(Forrester Research)の副社長兼リサーチディレクターを務め、デジタルマーケティング、マーケティング分析、顧客インテリジェンス、リレーションシップマーケティング、マーケティングテクノロジー、B2Bマーケティングなどの分野でフォレスターのマーケティング実務に携わっていました。
フォレスターに入社する前は、小売、金融サービス、電気通信、テクノロジー分野の顧客と協力してコンサルタントとして数年を過ごし、顧客関係のマーケティング戦略を定義して導入し、顧客維持とライフタイムバリューを高めました。 また、エラナ・アンダーソンはアクセンチュア(Accenture)でキャリアをスタートし、バージニア大学を卒業しています。

Steve Lehman

スティーブ・リーマン

General Counsel

深い専門知識を持つ上級法律顧問として、戦略的に重要な商談において経営陣を率いています。Vidyo に入社する前は、トムソン・ロイター(Thomson Reuters) において国際金融情報、テクノロジーおよびメディア業界を担当する主任法律顧問を務め、またその前身である ロイター(Reuters Group PLC)では、2007 年から 2008 年の トムソン(Thomson Corporation )と ロイター の合併をはじめ、数々の大規模なM&Aにおいて中心的な役割を担いました。ロイター に入社する前は、ニューヨークの シンプソン・サッチャー(Simpson Thacher & Bartlett LLP)で法人弁護士として活躍し、M&A、マイノリティのベンチャー キャピタル投資、ジョイント ベンチャー/戦略的提携、株式公開、信用取引、企業に対する顧問業務を経験しました。法律事務所に在籍する前は、ニューヨーク南地区地方裁判所にて Honorable John S. Martin, Jr. 裁判官の助手を務めていました。コロンビア大学法科大学院で法務博士号、ダートマス大学でコンピュータ サイエンスを専攻して文学士号を取得しています。

Tami lev-Golan

タミ・レフゴラン

Senior Vice President, Human Resources

タミ・レフゴランは世界各地に分散するすべての Vidyo オフィスにおける戦略の主導、リーダーシップ開発計画、採用、業績管理、給与、福利厚生を担っています。15 年以上にわたるリーダーシップおよび人材開発の経験があり、急成長を遂げるハイテク組織における人事、採用、業務管理における多彩な経験があります。Vidyo 入社前は、金融犯罪防止、リスク管理、コンプライアンス ソリューションを提供する世界最大プロバイダ NICE Actimize にて世界的な人事と業務管理を率いてきました。ニューヨーク市立大学バルーク校にてビジネス&産業心理学士号、コロンビア大学組織心理学修士号を取得しています。

Tailia Millman

タリラ・ミルマン

Senior Vice President of
Product Management

タリラ・ミルマンは、Vidyoのプロダクトマネジメント/エンジニアリング担当シニアバイスプレジデントを務めています。タリラはテクノロジー、ソフトウェア、および通信業界で20年以上の経験を有しています。以前は、ハリス社において、公共安全・プロフェッショナルコミュニケーション事業のエンジニアリング担当副社長を務め、完璧な執行と草の根のイノベーションプログラムを作成により、新しく改良された製品を提供しました。また、Infinite Convergence Solutionsでは、チーフ技術者兼エンジニアリングVPとして、メッセージンググループをMotorolaからInfiniteに移行し、日常業務やIT、エンジニアリング、サプライチェーン、販売会社をサポートする新しいインフラストラクチャとリーンプロセスを作成しました。タリラは新製品とスケーラブルなクラウドコンピューティングプラットフォームにより、製品ポートフォリオに革命をもたらしてきました。モトローラとノーテルネットワークスにおいては、シニアリーダーの役割も果たしています。

Roi Sasson

ロイ・サッソン

Chief Technology Officer

ロイはテレコムおよびデータコム分野に 20 年以上携わった経験があり、現在はVidyoのCTOとして製品とサービスの全体的な技術アーキテクチャを監督し、新たなテクノロジー開発と、製品ラインの管理など、Vidyoのコアテクノロジーの資産拡大を担っています。また、ロイはテクノロジーの実用化と実現に実績と才能があり、これまでもVidyoのテクノロジーの評価や受賞に様々な貢献をしてきました。 Vidyoに入社する前は、IPベースのネットワークアクセスとソフトスイッチングソリューションの開発をリードしており、それ以前には、スタートアップ企業の創設に参加し、分散マルチサービスアクセスマルチプレクサのソフトウェア開発を指揮していました。

Sam Waicberg

サム・ウェイバーグ

Senior Vice President of
Business Development

大口のお客様の開拓を積極的に進める Vidyo において、サム・ウェイバーグは、顧客エンゲージメントの向上に大きく貢献しています。サムはソフトウェア、モビリティ、ユニファイドコミュニケーション、および CRM 分野における営業部門のリーダーとして 20 年にわたる豊富な経験を持ち、幅広い人脈を誇ります。 Vidyo 入社前は、サービスプロバイダおよびエンタープライズ向け小規模ネットワークソリューションのグローバルリーダーであるジェンバンド (Genband)に在籍し、CMO、事業開発・戦略担当執行副社長を歴任しました。ジェンバンド入社前は Iperia に在籍し、同社が ジェンバンドに買収されるまで社長兼CEO を務めました。また、Fluency Voice、Envox Worldwide、Ascendant、Aspect Communications および Oracle の各社にて営業部門の要職を務めた経歴もあります。