導入事例

金融

ブルカレント信金 (Blucurrent)

金融カスタマーエンゲージメント

専門員のビデオ窓口の導入によりサービスを向上

支店に遠隔の専門員に相談できるビデオ窓口を導入し、顧客サービスの向上と店舗の効率的な運用の両立を実現しました。

課題

地域に根ざした専門的なサービスの提供を戦略として掲げる一方、支店ごとの混雑には偏りがあり、長い待ち時間や支店の運営コストを是正するため、効率的なサービス提供を実現する必要がありました。

ソリューション

支店にビデオチャットによるビデオバンキングを設置し、遠隔から専門員による相談サービスを提供することで、すべての支店で専門的なサービスを提供するしくみを構築しました。

導入の成果

顧客の個別の要望に対応した専門的なサービスを効率的に提供できるようになりました。
ビデオバンキングによって、金融商品のクロスセールスが20%増大し、サービスを利用した顧客の評価は平均で5段階中 4.5の回答を得ることができました。

医療

九州大学

医療遠隔教育カンファレンス

グローバルに繋がることで活発な議論と情報交換を実現

医療施設や教育機関をグローバルにつなぎ、手術のライブ配信やディスカッションを通じて、医療教育を推進しています。

課題

世界中の様々な医療施設や教育機関との国際教育を進める上で、専用機がない拠点や、インターネットの接続が悪い施設の参加が困難な状況でした。

ソリューション

インターネットで、より多くの聴衆がルームシステム、ノートパソコン、タブレットやスマートフォン等からも同じようにアクセスできる拡張性の高いビデオ・コラボレーション環境を構築しました。

導入の成果

インターネットや4Gを使用して、40以上の施設が遠隔教育に同時に参加し活発なディスカッションや情報交換を行っています。専用機器を使わなくても、高品質な映像によるやり取りが可能なため、より参加する施設の範囲、数を拡大することができました。

サイバーフィッシュ (Cyberfish)

医療テレパソロジー病理D2D

医師や医療従事者がいつでも利用できる環境を構築

診断に関わるアドバイスや意見交換について、医療関係者が相互にコミュニケーションをとることができる環境を構築し、よりよい医療の提供に貢献しています。

課題

スイスの医療機関を中心に、よりよい医療の提供のために、医療関係者によるコミュニティをつくりたいという要望がありました。

ソリューション

特定の機器やネットワーク環境を必要とせず、医師や医療従事者がいつでも簡単に使用でき、高品質な医療データをやりとりできる環境を構築しました。

導入の成果

パソコンやモバイルで医療情報を共有しながら、コミュニティに所属する病理や放射線、腫瘍の専門医との相談を行ない、緊急な治療に対応することができるようになりました。研究や教育での活用も広がり、複数の国にまたがる2500人以上に医師がコミュニティに参加しています。

シャターヘルス (Sutter Health)

医療脳卒中遠隔診断

100の連携病院を繋ぎ、専門的な早期治療を実現する

5200人以上の医師と24の病院を結び、早期治療が非常に重要な脳卒中の専門的な診断支援を、100の都市にひろがる連携病院で提供しています。

課題

広範に点在する連携病院での脳卒中の疑いのある患者の対応を、必ずしも専門医がすぐに行うことができない状況でした。

ソリューション

遠隔脳卒中診断システムであるTelestrokeに合った映像コミュニケーション機能を整備し、遠隔の連携病院でも、トップレベルの神経科医が診断支援を行える体制を整えました。

導入の成果

患者がどの連携病院の救急治療室に運ばれてきても、平均10分以内に専門医による詳細な対応を行うことができるようになりました。患者は症状の発生から3時間以内という重要な時間に地域の病院で診断を受けることが可能です。

アラスカ・ネイティブ・トライバル・コンソーシアム(ANTHC)

医療地域医療連携

アラスカ州全体にライブ診察機能を追加

アラスカ州全体の遠隔医療プログラム (AFHCAN)にライブ診察機能を追加し、37の地域の200以上の診療所と連携しながら、約1,500人の現地医師による遠隔医療を統合的に管理しています。

課題

広大な地域、高い山々や冬の降雪など、大自然に囲まれたでアラスカにおいては、迅速な対応の難しさ、移動にかかる患者の健康や費用への負担が大きく、医療活動においては非常に困難な環境にあります。

ソリューション

アラスカ州の推進により、1998年から導入しているAFHCAN(州規模遠隔医療プログラム)にVidyo APIによりライブ診療機能を追加し、米国内の医療機関に所属する専門医からの遠隔医療診断・コンサルテーションの提供を開始しました。

導入の成果

衛星などの通信が非常に困難な地域でも、クリアな映像により患者の様子や医療カメラの映像を確認することができ、診療所の既存の医療機器との連携も容易にできるため、医療データの参照と合わせ、質の高い遠隔医療を提供できるようになりました。

オークランド子ども病院

医療救急支援

急性患者の容態を実際に共有しギャップをなくす

現場と救急センター、搬入先の病院における医療従事者がリアルタイムに連携し、急性の患者の容体や実際の様子を共有しながら、迅速で適切な初動治療を行っています。

課題

>電話によるコミュケーションでは、説明の難しい点や、それぞれのスタッフの表現と解釈にどうしてもギャップが生まれ、判断が難しいことが多かった。急性の患者の搬送は、柔軟な対応が求められることが非常に多く、ヘリの向かう先がどこの病棟か、受け入れの準備が整っているかなど多くの情報が錯綜する状況にありました。

ソリューション

地域の病院と救急センター、ドクターヘリを結び、救急搬送時の情報の共有、治療方針の決定、初動対応の実施がその場でできる環境を構築しました。

導入の成果

患者の様子を直接確認できることでコミュニケーションのギャップが少なくなり、即時の判断や治療の実施が可能になったことで、患者の死亡率が減少しました。

製造

ポマ(Poma)

製造フィールドサポート

社内外のグローバルチームで大規模プロジェクトを成功に導く

長期・大規模なプロジェクトにおいて、社内外のグローバルチームが、設計から構築、現場の確認までリアルタイムに連携できるコミュニケーション環境を構築しました。

課題

既存のソリューションは専用のハードウェアやネットワーク、固定された物理的な会議室が必要なMCUベースのもので使い勝手が悪く、日常的に使用することが難しい状況でした。

ソリューション

会議室、現場、離れたところにいるプロジェクトメンバーが、パソコンやモバイルを使用して、いつでも接続できるコミュニケーション環境を構築しました。

導入の成果

現場の設備に関する詳しい説明や、CAD図面などを見ながらの設計に関わる検討など、社内外のグローバルチームの連携がリアルタイムにできるようになり、複雑で大規模なプロジェクトでも遅延ない遂行ができるようになりました。

教育

アリゾナ州立大学

教育遠隔教育

世界の科学者・研究者と繋がり、学生の教育機会を拡大

パナマとワシントンのスミソニアン熱帯研究所の科学者、研究者と、大学の教室をリアルタイムに結び、生物・植物・微生物研究における学生の教育機会を拡大しています。

課題

パナマのジャングルのような環境から高品質なコミュニケーションを行うことができ、既存の学内のシステムとも相互運用が可能なソリューションが必要でした。

ソリューション

3G等のモバイル環境、スタッフのパソコンから教室のルームシステムまで、様々な環境のデバイスをシームレスにつなぎ、インタラクティブにコミュニケーションができる環境を構築しました。

導入の成果

観察や実験をリアルタイムに共有し、科学者や研究者とのライブディスカッションを通じて、距離を越えよりリアルな体験が可能になりました。さらに他の研究機関や教育施設との連携も行うことができるようになりました。

欧州原子核研究機構(CERN)

教育

1000以上の同時接続を日常的に実施

38カ国、177機関をVidyoにより相互に結び、ATLAS実験(大型ハドロン衝突型加速器による素粒粒子の検出)を実施しています。

課題

600以上の研究機関に在籍する2万⼈の科学者が研究や実験を共同で行う機会を増やす一方、研究者の移動時間は短縮する必要がありました。

ソリューション

モバイルからH.323まで多様な端末からの接続をサポート、分散配備により、スケーラビリティと高い信頼性を同時に実現しました。

導入の成果

同時1000以上の接続を日常的に実施できるようになり、各研究機関の保有する300台以上のH.323端末、研究者のモバイルやデスクトップから常時接続し、離れた場所でも研究活動ができるようになりました。

自治体

イタリア・ヴェローナ警察(Verona police)

自治体災害対策防犯

スムーズな連携により業務を効率化し、コストを削減

複数の警察機関をリアルタイムに結び、捜査や業務における情報共有や迅速な意思決定を可能にし、業務の効率化を実現しました。

課題

県警本部の業務遂行にあたり、限られた予算の中で、様々な警察機関との連携をよりスムーズに行いたいという要望がありました。

ソリューション

県警本部と、国の主要な警察機関をリアルタイムで結んだ”仮想オペレーションセンター”を構築しました。通常のインターネットや汎用デバイスを使用し高品質で高いコストパフォーマンスを実現しました。

導入の成果

関係する機関の間での情報連携を即時に行うことができるようになり、捜査活動や日常業務がより迅速に効率的に行うことができるようになりました。また、これまで必要だった会議や移動にかかる時間やコストを大幅に削減することができました。

働き方

インジョブ (In Job)

働き方改革人材紹介遠隔面接

実際に対面しているようなクオリティで、サービスの付加価値を高める

遠隔での面談やチーム連携を実現することで、レベルの高い採用活動、人材紹介業務をグローバルレベルで実現しています。

課題

9カ国という広いエリアで提供している人材紹介、採用サービスをより継続的で付加価値の高いものにしたいと考えていました。

ソリューション

これまで電話も多かった、候補者との面談や顧客との相談、また、各地域の担当チーム間でのコラボレーションを、対面で行うことができる環境を構築しました。

導入の成果

実際に対面しているかのようなコミュニケーションを容易に実現できるようになり、顧客とのより継続的な関係性を強化することができました。移動にかかる時間やコストをを削減し、効果的な採用活動やチームコラボレーションを実現することができました。