RICOH

マルチデバイス、マルチネットワークでの実用性

コミュニケーションの範囲が、全社員や企業間にまたがるプロジェクトメンバー、生徒や患者、一般の顧客など広範になるほど、様々なデバイスやネットワークから利用できることが重要になります。
Vidyoはパソコン・モバイル端末や、既存のテレビ会議システム、利用が容易な点から注目を集めているWebRTCまで、多様なクライアントに対応するソリューションを提供します。また、すべてのエンドポイントには、高品質で信頼性の高い映像配信を可能にする優れた機能が同一のプラットフォーム上で提供されます。これによりアクセシビリティを高めるとともに、デバイスやネットワークに関わらず、実環境上でのサービスの品質を確保します。

RICOH

直感的で操作性に優れたインターフェース

シンプルで直感的なユーザーインターフェースで、特別なサポートを必要とせずだれでも簡単に利用することができます。医療や防災など緊急度の高い場合や、社外のメンバーがワンタイムではじめて利用する場合などでも、操作に迷うことなく、すぐに接続ができます。
また、カレンダーとの連携や、ワンクリックで招待・参加ができる機能により、様々な利用シーンにおいて、ユーザーの動線により配慮した使い勝手を提供します。ミーティングの主催やコントロール、外部の参加者への招待はユーザーが自立的に行うことができるため、IT部門への運用負荷を軽減し、業務上の要求にスピーディに答えることができます。

RICOH

統合運用

すべてのライセンスやソフトウェアは中央での一括管理を行うことが可能で、一貫した効率的な運用を支援します。ActiveDirectory/LDAPとの連携、SAMLによる認証をサポートし、ユーザーアカウントの統一化、シングルサインオン・フェデレーションへの対応が可能であり、組織の認証基盤への統合を実現します。