医療

個人医療も

国境を越える時代

医師が不足し、医療コストが上昇を続け、コミュニティが医療にアクセスできないような世界では、Vidyo による遠隔診断と遠隔治療ソリューションがますます重要視されています。

定期健診から在宅医療サービス、脳卒中診断や外科医とのコンサルティングまで、病院、研究センター、診療所は患者と医療従事者を視覚的につなぐことができます。

フリートライアル デモのリクエスト

Applications for Healthcare

healthcare

遠隔脳卒中診療と遠隔神経学診療

神経内科医が常駐していないようなへき地の病院や診療所では、神経内科医はビデオ会議を活用して患者とバーチャル診療をスケジュールします。脳卒中の場合、神経内科医は遠くにいる患者とも数分以内につながることができるため、時には命にかかわるような評価や診断を迅速に行うことができます。遠隔脳卒中診療のほかにも、Vidyo™ ソリューションでは認知症、てんかん、多発性硬化症 (MS)、パーキンソン病をはじめ様々な疾患の治療において遠隔神経学診療を支援しています。

トリアージおよび災害対応

災害発生時には、人命救助のために迅速かつ組織的な対応が必要となります。効果的な災害対応を行うには、広範囲にわたる対応策の計画とトレーニング、熟達したトリアージ、リアルタイムの診断、そして救急救助隊員と地域病院や外傷センターとの間の強固なコミュニケーションが不可欠です。ビデオ コラボレーションは、継続的な災害対応のありとあらゆる面で重要な役割を果たします。

慢性疾患管理

慢性疾患の病状を効果的に管理するには、主治医、専門医、コミュニティ リソース、患者の家族を含むケア チームと患者との定期的なコミュニケーションが必要です。効果的な慢性疾患管理を行うための Vidyo ソリューションでは、病院や診療所に定期的に通院することなく、利用しやすく低コストで高品質の対面型ビデオ コミュニケーションを活用して継続的なケアを行いやすくします。

問題行動医療および精神科医療

行動医学および精神医学の専門医は、ビデオ会議ソリューションを活用して様々な状況における患者の治療を改善しています。Vidyo ソリューションでは、緊急の場合、精神医療の専門家が遠くにいながら患者の状態を評価し、患者の診療記録を参照して即時に治療法を提案することができます。また、ビデオ会議により、医師は定期的に患者の治療経過を確認できます。

医師と患者

Vidyo の医療向けソリューションなら、医師と患者がより近くなります。医師の場合、Vidyo の高性能で操作が簡単なビデオ会議プラットフォームなら、技術サポートを必要とせずに診療活動や患者ケアのワークフローにシームレスに統合することができます。バーチャル外来診療では、毎日使用するモバイル デバイスやデスクトップとインターネット接続を使用して、素早く安全に医師と患者をつなぎます。

患者の診断

患者が急な診断を必要とする場合でも、慢性疾患の定期検査でも、適切なタイミングで適切な医療機関を受診できれば質の高いケアにつながります。従来の診療活動に遠隔診療や診断を導入するには、ビデオ会議ソリューションの品質、使いやすさ、信頼性を医師が完全に信頼できる必要があります。Vidyo は、これらの重要基準を満たした実績により、遠隔医療や遠隔治療のビデオ会議ソリューションの主要プロバイダーとして認識されています。

医師と専門医

遠隔ビデオ診察により、病院は迅速かつコスト効率よく専門医に連絡をとり、専門医の豊富な知識を取り入れることができます。診断のコンサルティングや手術の支援、研究内容の共有など、世界中の医師や専門医が様々なコラボレーションに Vidyo ソリューションを活用しています。

医師と患者の家族

診断から治療、フォローアップまで、患者の家族が深く関与して患者のケアを向上させる可能性は無限にあります。患者の家族が病院まで来ることができなくても、ビデオ会議により患者の検査や医療処置などを見守ったり、患者と医師の会話に参加したり、重要な治療にかかわる決断に加わることができます。

外科相談

複数の参加者の間で詳細が鮮明に表示され、エラーのないやり取りが不可欠であるような遠隔外科相談において、Vidyo の高画質ビデオ会議は理想的なソリューションです。最大解像度 1440p の Vidyo は、正確な評価と診断に必要な、通常の放送メディアよりも優れた品質のビデオを提供します。録画もできますので、顧問医は後で患者のケアチームとレビューを行ったり、それを講義資料として活用したりもできます。

遠隔在宅ケアと在宅医療

Vidyo の遠隔在宅ケア向けソリューションでは、病院や診療所に通えない患者に医療ケアを提供することができます。簡単な操作でビデオ会議が使えることがわかると、患者はとまどうことなく遠隔在宅ケアを利用するようになります。在宅医療モニタリングでは、移動手段がなかったり、移動が困難な患者でも、自宅から離れることなく基本医療や専門的な医療サービスを利用することができます。必要なのは、モバイルまたはデスクトップ デバイスとインターネット接続だけです。

高齢者の在宅介護

平均寿命が延びて高齢化が進む現在、高齢者のニーズに応じる新しい介護医療ソリューションが求められています。高齢者の在宅介護プログラムでは、患者は自宅にいながら医師による健康管理を受けることができます。Vidyo が提供するソリューションなら、医師は遠隔地にある老人ホームの介護スタッフとつながることで高齢患者の健康状態をチェックし、徹底した遠隔コンサルティングを提供することができます。

研修医やインターンのトレーニングと教育

ビデオを取り入れたトレーニングでは、研修医やインターンに世界中の大学医学部や医療研究センターから収集され、共有された様々な患者の症例や専門医の知識、想定される治療方法などを提示できます。トレーニングセッションは録画できるため、後で視聴できます。Vidyo ソリューションでは、ビデオを使用したトレーニングがかつてないほど便利になり、アクセスしやすくなり、低コストで行えるようになっています。

看護師や医療従事者の継続教育

医療従事者は、専門能力開発プログラムなど継続教育を通じて、スキルを向上し、医療免許を更新し、今後のキャリアを開拓することができます。Vidyo では、ビデオ会議を通じて提供される高品質の双方向型トレーニング プログラムで、医師をつなぐソリューションを提供しています。ビデオを活用したトレーニングなら予定も組みやすく、医療トレーニング センターまで通う時間と交通費が節約できます。

健康教育と支援

優れた医療制度において、健康教育や予防医療の支援は重要な役割を担っています。基本的な病気のリスクや、健康を維持するための適切な手順について理解していればいるほど、学んだことを日常生活で実践する可能性が高くなります。Vidyo なら、一般に広く普及しているビデオを通じて地域コミュニティへの啓蒙活動を迅速かつ低コストで効率よく行うことができます。

従来とは異なる場所への医療サービスの提供

従来とは異なる場所で医療サービスと教育を提供できるようにすることは、今まで医療サービスが普及していなかった地域の人々の様々なニーズに応える上で大きな役割を果たします。ビデオ コミュニケーションは、わかりにくい医療システムに直面している人々を支援し、安心感を与えることができます。Vidyo は、こういった広範囲に及ぶ医療サービス ソリューションを提供してへき地にあるコミュニティの発展を支援しています。

特殊医療とコンサルティング

特別なケアが必要な患者が専門医の診療を受けられない場合、病状が放置され、命や生活に深刻な影響を及ぼすことがあります。へき地にある病院や診療所では専門医を常駐させる予算がなく、総合医しかいないことがよくあります。Vidyo ソリューションでは、ビデオ会議を活用して世界中の専門医とへき地の病院や診療所をリアルタイムでつなぐことができます。

サクセス ストーリー

遠隔医療が変える患者へのケア 

世界中の医療機関にとって、遠隔医療の技術革新は最優先課題となっています。全米 6 番目の規模を誇る大手カトリック系統合医療システムである Mercy は、強力な遠隔医療革新の好例であり、アメリカ合衆国の中心である中西部、ミズーリ州セントルイス市に本部を置いています。

Vidyo のビジュアル コミュニケーション技術は、Mercy の遠隔 ICU 中央コマンドセンターである SafeWatch に統合されているだけでなく、脳卒中遠隔医療、循環器系遠隔診療および遠隔妊婦健診などをはじめ、Mercy 総合医療システムを介して他の救命救急遠隔医療サービスも支援しています。Vidyo と Philips® eCare Manager の統合により、SafeWatch を通じて 15 カ所の病院に収容されている重症患者を 24 時間監視体制で治療することができます。

450 床を超えるベッドには Vidyo を統合した Philips の遠隔 ICU システムが装備されており、Mercy の救命救急治療医と看護師が重症患者の様態を監視できるばかりか、中央コマンドセンターから患者や家族、現場の医療スタッフと視覚的なコミュニケーションを取ることができます。

サクセス ストーリー

誰もが利用できる質の高いケア

REACH Health の遠隔医療プラットフォームは、全米の救急外来病棟 (ER)、ICU (集中治療室) や、神経内科、呼吸器内科、心臓内科、精神内科病棟などの患者の病室で徐々に受け入れられつつあります。

ソフトウェアベースの REACH システムは、Vidyo™ プラットフォームと統合されて診療ワークフローを改善し、遠隔コンサルティングを可能にしています。医療従事者はどこからでも数分で患者とつながることができ、患者が目の前にいるかのように患者とやりとりして診察にあたり、生命徴候 (血圧、脈拍、呼吸、体温、顔色など) をチェックし、検査データを確認することができます。

ケース スタディを読む

オンデマンド ウェビナー

質の高い遠隔精神医療サービスを提供する上での障害の克服:OptumHealth、David Young

新しいテクノロジーと治療方法を取り入れ、視野を広げて質の高い遠隔精神医療サービスの提供に成功した実例について紹介します。

Optum は、総合的な精神医療サービスおよび薬物乱用治療サービスを提供しています。危険因子の特定から統合治療法まで、Optum の精神疾患および薬物乱用治療ソリューションは、患者が必要な時に必要なケアを最も適切な専門医から受けられるようサポートします。

今すぐ見る

Overcoming Obstacles 1.1